スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月の朝読書

2008-10-17 (Fri) 19:29[ 編集 ]
子供の通学してる小学校の一年生の10月の朝読書は、

絵本ではなくて、ストーリーテリングにしました。

なぜか・・?

この小学校は、隔年で展覧会と学芸会を取り組みます。

今年は学芸会の年なのです。しかも、発表は来月。

なので、絵本よりも「耳で聞くおはなし」が

彼等の劇の少しでも役に立てれば・・・。

と思ったからなのです。

もちろん!!秋になり、子供達も成長して、

長~いお話も楽しめるようになってきたと

判断したのも理由の一つなのですけどね・・。



語ったのは、「白雪姫」です。

私は、きちんとイスに座って一字一句正しく間違いなく語る

と,いうスタイルが苦手なので、

はずせない重要な基本のストーリー展開、言葉だけは大事にしつつ、

後は子供達と一緒にお話を楽しむというスタイルが好きです。

なので、

「毒りんご」も作って持参しました。

きれいな組みひも?とか、

レトロチックな細工が施された櫛も持って行きました。

子供達は、悪いおきさきさまが(?!)

本当にリンゴをかじったのでおおよろこび!

先生は、お話を聞いている子供達の顔をみたいらしく、

少し離れた横前方から子供の方を見てらっしゃいました。

「よかったら給食のときにでも皆で召し上がって下さい。」

と言ってりんごを先生にお渡ししました。

「食べたら、あぁぁ~、と言って倒れるのがお約束ね♪」

と子供達にはいいました。

「わぁ~。はやくたべた~い。」

「倒れたら誰が王子様になるの?」など楽しそうな会話がありました。


お話好きで、本好きで、お芝居好きな、

イマジネーションの世界で楽しく遊べる

子供達を育てるお手伝いができたらうれしいな・・。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kencoro.blog103.fc2.com/tb.php/46-9c7b9c25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。