スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園のお話会(5歳児組)

2007-05-17 (Thu) 12:05[ 編集 ]
まとめて更新。
16日(水)は、坊の保育園でのお話ボラ。
今回は、坊のクラス、大きい組です。

読んだ本は、
「わにわにの ごちそう」 「わにわにの おふろ」
「ムッシュ・ムニエルの サーカス」
(紹介で、「ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします」、
     「ムッシュ・ムニエルとおつきさま」 )

手遊びは、
「でんでらりゅうば」

組木は、
「ぞうくんのさんぽ」

お楽しみお土産は、
「小さな折り紙かざくるま」

ムッシュ・ムニエルは漫画のようにこまわりが
してある絵なので、どうやって読もうかなぁ、と
思いつつ、まずは、書いてある順にそのまま。
すごく真剣にまんじりともせず見入っている子供たち。
「あぁ、笑わないよぉ~。ちょっとすべったかなぁ・・。」
と思っていたら、最後にムッシュ・ムニエルが大砲に入れられて
飛んでいくシーンが出てきた時に「あはははは~~。飛んでったよ!」
さらに飛びながら「では、またあおう。グットバイ!」
と言うと、「だはは~~。グットバイだってぇ。」「またね~。」
「おーんもしろーい!」などなど、一気にもりあがってきました。
気を良くした私が「じゃぁ、もう一回読む?」と聞くと「よんでよんで~」
続けた2回目は、思いっきり行間の効果音を入れて読みました。
今度はみんな余裕で笑い、チャチャをいれたりしながら
ムッシュ・ムニエルの世界で遊んでくれました。よかった~~。
気に入った様なので、しばらくクラス文庫にお貸ししてきました。

「ぞうくんのさんぽ」
これがまたまたまた、おおうけでした~~。
次々に乗っていく時も「わぁ~」という顔をしますが、
年長にもなると、お話をほぼ皆が知っているので、
最後の池にドボンするところでは「あぁ~~、やっちゃった!」
「わぁ~~い!」「そうそう、おちるんだよ。」「でもあそびんだよね」
と、妙~な安心感??に似た空気が流れたように感じました。
これが、小さい子だと、「なんでくずれるの~」
「あ、いけにおちてしまった・・」とその展開に納得いかない時が
あるようで、池におちるまでの展開に一工夫いるかなぁ、と思う時も。
絵本を先に読んでからやるのもひとつの方法でしょうね。

お話会は同じ事してもいつも反応が一緒ではないところが
難しい。でもそれが本当に楽しいです。


では、今回の「がらがらどんシリーズその4」

次にやってきたのが、二番目のやぎのがらがらどん。
やはりトロルが出てきましたが、賢い二番目のやぎは、
後を大きいやぎのがらがらどんに託して、さっさと橋を
渡りきることができました。

(画像は後日・・)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kencoro.blog103.fc2.com/tb.php/12-5abf3077

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。